Twittery1004

posted in: 月誌 | 3 | 2010/4/15

わ、気がついたら今年になってから何もつぶやいていない。
例年冬はヒマで、今年も時間はそこそこあったはずなのに、
いったい何をしていたんだろう…(ほとんど思い出せないのがオソロシイ)。
心を入れ替えて少しはここも手当てしなきゃなぁ・・・。

ブログや本で(勝手に)お世話になっている人が何人か、
立て続けにTwitterを始めたと知って、私も覗いてみた。
内田樹氏は、最初は、「新幹線の中なう、などとつぶやくと何かいいことがあるそうだが、
僕には何がいいのかさっぱりわからない」というようなことを言っていたのに、
今では日に何度も、「○○で朝ごはんなう」「ドライブなう」などとつぶやいている。
何かいいことがあったのだろうか?
良さをイマイチ体感できないまま、覗くのが習慣になってしまった私も私だが
(フォローしている人は三人である)。

しかし、登録してわけがわからずにいたら、いきなり何人かにフォローされてしまい、びっくりした。
見知らぬ人間から絶えずチェックされることに戸惑い、
あわてて非公開にして、フォローをはずさせていただいた。
だって私、自分が今どこにいて何をしているかなんて、ヒトサマに知 られたくないんだもん。
でもってつぶやきたいことが出てきたときは、140字じゃ足りないし。
(あれは140字だからいいんだろうけれど)
というわけで登録後しばらく経つのに、あそこでは見事にひとこともつぶやいていない。えっへん。
などという人間は、きっとあれは楽しめない。

と書いたあとで、いや、もしかしたら、
私はまだホントの楽しさや有益性を知らないだけなのかもしれない、と思いなおす。
道具は使いようである。考えてみたら、
なにもどこで何をしているか、などという、書きたくもないことを書かなくてもいいのである。
ぼそりと、好きなことをつぶやけばいい。
それが本当のことであろうとなかろうと、誰も文句は言わない(実害がなければ)。

たとえば実際には、散らかった机の上のキーボードをたたきながら、
最近手に入れた中古のスピーカーで音楽聴いているだけなのに、
「西アフリカはセネガルのクラブで、ユッスーの歌を聴いてるなう。さいこーである。ああシアワセ」
などという願望を書いても、咎められることはないだろう。
「んなもん、今やっとらんぞ」とおしかりを受けたら、末尾に(願望なう・以下同)と付け加えよう。
こうして書き継いでいったら、臨場感のある「わたし・なう」小説が出来そうである。
実際もう書いている方がいるかもしれない。いやきっといるであろう。
ただし私にとっての問題は、こまこまマメに書き込めるか、である。
絶対出来ない自信がある。となるとせいぜい、
ここで書いたあとに、「長いつぶやき書きました~」と3ヶ月に一 度くらいつぶやくだけになる。

少し話は変るけれど、日本にいて、ときどきモノを言うのが億劫になることがある。
日本にい て、とは大きく出たものだが、私には、
何かとイタリアと比較する悪いクセがあるのだ。
イタリアは、ちょっとだけ暮らしたことがあって、今 も付き合いが続いていて、
なんだかえらく性にあっているところがあって、
その後たまに出かけるだけになったので、程よい距離があり、適度に美化されている国なのだ。

ちなみに、住んでいるときは、現地在住日本人とイタリアの悪口ばかり言っていた。
ついでに日本のよい所 を並べる
(定刻通りに発車する列車とか、昼も開いている銀行とか、壊れていない公衆電話とか)。
近くにいると何かとあらが目立つのは、 きっと国も同じなのだ。

とにかく、モノを言う、ということについて。

イタリアで暮らしていると、たとえ言葉が出来なくても、 モノを言わずにいることは難しい。
まず皆おしゃべりなので、見ず知らずの人間からも話しかけられる。
加えて、個々人がしっかりと希望や意思を訴えないと何もコトが進まない。
更に、如何に他人とは違う考えを言うかが重要なので、
皆延々と自説を展開し、それを聴くのに飽 きて話をさえぎるためには、
相手の説とは違う見解を口にしなければならない。

そんなの大変だ、疲れる、とお思いだろうか。
確かに、何も主張しなくてもシステムはオートマティックに作動し、
曖昧に笑えばなんとなく要求を理解してもらえ、
同調さえしていればストレ スなく関係が続き、
列車で隣に座った他人同士は決して会話などしない社会は、楽である。

けれども、イタリアで多少モノを言い合えるようになってみると、
(つたないイタリア語ではたいしたことは言えないのだが)
これもまたとっても楽なことに気付く。
つまり、何をどう言ってもいいのだ。
自分の望みや胸のうち、頭に浮かぶことを、他人の思惑など気にせずに口に出来ることの楽さ
(もちろん、人を傷つ けたり、ひどい言葉を言ってよいということではない)。
それから、互いにモノを言い合ったあと、同意できるところは同意し、
出来ないとこ ろは出来ないままでよしとして、さっぱりと話を終えることが出来ることの楽さ。
批判は非難ではないし、論争は勝ち負けを競う戦いではない。
異なった意見を言い合うことは、相手を否定することではない。

このような体験を潜り抜けてみると、
日本の同調同質的楽さは、ちょっと 息苦しくて、寂しい。
かと言って、これは相手のあることだし、
生まれ育った楽さになんの疑問も抱いたことのない人に、無理は言えない。
つい口をついて出た言葉で、怒りだされても困る(経験あり)。
かくして私の口は、寂しさと気鬱で重くなる
(と言いながら、気がつく と、我慢できずにモノ申していたりする。
ただ、これでも随分押さえてはいるのである)

個人的には、身近にモノを言い合える人はいる。
けれどもときどき、開かれたもう少し人数の多い場で、
なかなか対話が成り立たない場面に出くわしたりすると、
ああ、これなら最初からモノローグでいいわい、などと思ったりもするのだ。

しかし日本でこれだけブログや Twitterが流行るのも、
みんな「モノローグがいいわい」 と思っているからかもしれない。
ブログも、2チャンネルのような掲示板 も、Twitterも、
私にはいずれも対話=ダイアローグではなくて、モノローグに見えるのである。

いやそんなことはない、コメントが賑わっているブログもあるし、
Twitterもゆるやかな対話だと、おっしゃる方もいるかもしれない。
確かに、モノを言い合える人たちが集まっているオープンな場もあるだろう。
けれども今までの経験でいくと、そのモノの言い合い方が、違うのだ。
同意同調であれば問題はない。
そうではなく、異なった意見を言い合ったあとに、
言い合えたというあっけらかんとした軽みがない。
異なった意見に対する興味や尊重より、同意を得られなかった失意が強かったりする。
そんなこんなで、言わなければよかったかな、という重苦しさが残ることが けっこうある。

実はまったくこことは別の場で、コミュティブログの準備をしている。
モノを言い合わない楽さを疑ったことのない人たちに向けて、
モノを言い合う場を作ろうとしている。
ささやかなそのブログは、ちょっとした情報や意見が行き交う、アクティヴな場になるだろうか。

実を言うと、懐疑的である。
それならやる
な、と内なる声が言う。
なのに、やるのである。

 


4月16日

まるで本当に心を入れ替えたかのようにまた浮上。

実はこの間、読んだ本や観たDVDの話で、書きたいことはあった。
ただそういうのには時間と集中を要するので、サワリだけ書いてほっぽらかしていたのである。
でもつぶやきならいくらでも出てきそう。
ずっとインプット状態が続いていたので、
溜まった言葉をアウトプットするのも精神衛生上よいかもしれない。

が、そんなもののために一つの項目を立てる(新規に記事を書く)のは、場所塞ぎで迷惑だ。
誰にって? もちろん自分にである。
トップページのリストや「n’s archive」のリストが、
つまらないタイトルで埋まるのはぞっとする風景ではないか。

と言って、この記事に延々書き足していくのも芸がない。
そこで、コメントでつぶやくことにする。うん、グッド・アイデア。
どうせこんな人里離れた庵まで訪ねてくれる人はそういない。

もちろん、たまに来てくれたキトクな方に、
つぶやきの合間に足跡を残していただけるのは、大歓迎なんだけどね。

3 Responses


    Fatal error: Class 'Kadence_Walker_Comment' not found in /home/users/0/ciao.jp-vaivie/web/vaivie.com/wp-content/themes/virtue-kid/templates/comments.php on line 11