ヴェネツィアの道

posted in: 旅とイタリア | 0 | 2010/9/8

ヴェネツィアと聞いて誰もが最初に浮かべるイメージは、こんな感じかな。

venezia

カナルグランデ(大運河)を望む海の都の玄関。
中央にサンマルコの鐘楼、右手にデゥカーレ宮殿、奥にサンマルコ寺院。
写真ではあまり運河は写っていないけれど、カナルグランデもここまでくると、
海をしっかりと感じさせるほどの広がりになっていて、対岸からの眺めも壮観です。

venezia_100731_03web

ヴェネツィアでの道は、まずはこの運河。
他の町で道路を走るものは、ヴェネツィアではどれも水の上を走ります。
バスも、タクシーも、食料や建築資材を運ぶトラック?も。
今年の夏、観光客で混み合う水上バスに乗っていると、
猛スピードで運河の真ん中を走り抜ける一台に遭遇。消防艇(消防パトカー?)でした。
そう、パトカーも救急車も、ここでは水の上を疾走する。

もちろん、ヴェネツィアにも陸の道はあります。
運河に沿った少し広めの通り、小さな広場に続く狭い通り。
街に流れる血管のような運河が、それらを寸断する。と、
運河にかかるおびただしい数の橋が、また道をつないでいく。
陸の道は全て、人間の足と、犬や猫たちと、手押し車と、乳母車専用。

venezia_100730_05web

でも、ヴェネツィアの道で一番魅力的なのは、
迷宮に誘うような、 人ひとりがすれ違えるだけの細い細い小道。
見上げれば、空は一条のスリット、
レストランの看板は、向かいの壁にいまにもくっつきそう。

venezia_100730_01web

それほどに狭くはないけれど、観光客などほとんど通らない裏通りで、
落し物を見つけた。イタリアの古い街角によくある、
水が流れっぱなしの水道栓の上の手袋。

正面にまわって見ると・・・。 

あまりにイタリアらしくって、うれしかったわ。

venezia_100730_04web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする