Twittery1006

posted in: 月誌 | 3 | 2010/6/9

5月末からのトライアスロン研修ツアーは6/2日に無事終了。
今回はずっと気になっていた Rimini を訪れることが出来、満足。
そう言えば、Sabbioneta や Pesaro も、随分前に名前がイン・プットされたままの街だったけれど、
やっと現実のものになった。
しかし、あまりのハードさゆえにか、油断したためか、帰国と同時に喉の痛みと発熱でダウン。
風邪の症状の小康状態とぶり返しを経て、ようやく回復してきた。

この間に、ポール・ボウルズの「シェリタリング・スカイ」を再読(三読目だけれど)。
あらためてすごい作品だと思う。
つきはなした、けれども諦念とは底のところで決定的に違う、人間に対する観察と思索の凄みが、
アフリカの容赦の無い自然を背景に、見事に描かれていると思う。

 

三度目ながら、こんなところあったっけ? と驚く箇所多し。
いったいこれまでの二回は何を読んでいたんだろう。
今までは、翻訳の固さや不自然さに捉われてイマイチ入り込めないでいたのかもしれない。
今回はそれを最初から覚悟して読み始めたせいか、それほど気にならなかった。
訳の文体を超えて大きなものを伝えることが出来る作品というものが、
確かにあることも再確認。
もちろん、本当はもっとすごいのではないか、違う訳で(もしくは原書で)読みたい!
という思いは変わらないけれど。

もうひとつ、体調不振にもかかわらず、おととい、
しばらく前に見た夢にヒントを得て、ついに書き始めたこと。
夢にからめて、「シェルタリング・スカイ」のアフリカが真っ先に思い出され、
ゆえにもう一度読み返したわけだけれど、
あの作品に流れるトーンのようなものが、私を導いてくれればいいと願っている。
印象的なシーンに重ねた描写が出てきてしまったら(きっと出てくる)、
それはポール・ボウルズへのオマージュである。

あとはアーシュラ・K・ル・グインの一連の作品と、ガルシア・マルケスの「エレンディラ」。

3 Responses


    Fatal error: Class 'Kadence_Walker_Comment' not found in /home/users/0/ciao.jp-vaivie/web/vaivie.com/wp-content/themes/virtue-kid/templates/comments.php on line 11